これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

交通事故後遺症14級で850万円損しない請求法

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」




   ■ 貴方は保険会社に騙されたくはないですよね?

    ■ 貴方は今の症状が後遺障害では無いかととても不安ですね?

    ■ 貴方は●●に邪魔されずに確実に後遺障害を認定してもらいたいと思ってまいすね?

    ■ 貴方は後遺障害が認定されたら、その保険金で安心して治療を継続したいと望んでますね?


    貴方が損しない損害賠償請求を望むのであれば決断しかないのです。


    貴方が満足出来る示談をした瞬間、


    貴方が正当に受取るべき高額の損害賠償金を受取った瞬間、


    この決断が正しかったことを心の底から感じることでしょう。



後遺障害認定後に無料の公的機関を使用し、地方裁判所支払基準を実現する方が増えています。


これは、その中のお一人からいただいたお礼のメールです。



件名 : H.Yです
差出人(From) : xxxxxxxx@yahoo.co.jp
送信先(To) : question@intelli.sakura.ne.jp
送信日時 : 2009/03/11 12:44:06


有難う御座いました。


紛争センターに行って4回目で示談しました。


最後まで保険会社は逸失利益を3年まででとなかなか譲りま
せんでしたがその分を慰謝料の方でと、弁護士案に近づきまし
たのと、審査会に行くとまた時間と疲労を考え妥協しました。


初めの保険会社の提示から考えますと20倍以上も金額が変わり、
保険会社のひどい対応には腹立たしく思いました。


このマニュアルがなければ知らなかったのことが数多くあり、
ここまでの賠償をもらえなかったと思います。


本当に有難う御座いました。


-----------------------------------------

【赤鬼からの返信】


そうですか。


ほぼ満足な和解が成立して本等に良かったです。


何も知らずに保険会社に少ない金額で示談させられている
被害者さんが沢山いる中、知識により正当な賠償金を受取れた
事は一重にYさんが納得いくまで被害者の権利を主張した
行動と努力の賜物です。


お疲れ様でした。


Yさんのように赤鬼のマニュアルで学習し正当な賠償金を受取れた
というご報告をいただくと、このような活動をしていて本当に良かった
と思います。


-------------------------------------------

【Yさんからの返事】


有難う御座います


紛争センターに行ってから毎回、次回の予約が混んでまして時間が
かかり自分の意思を強く持つのが大変でした。


しかしメールサポートとマニュアルのおかげでがんばって相手の保険会社
と弁護士に意思を伝えることができたと思います。


示談までに何度もめげそうになりました。


赤鬼さんのマニュアルの量に驚きながら本当に感謝しています。


首の痛みはまだありますが、示談してホッとしています。


有難う御座いました。

究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル

究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル

究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル

究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル

究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル


この方の場合は、保険会社提示額の20倍と言う事ですが、決して驚く数値では御座いません。


後遺障害が認定されていなかった時に提示された金額の20倍ですから、いかに後遺障害の
認定が損害賠償請求では重要になるかご理解頂けると思います。


後遺障害慰謝料を含めた金額の20倍ですが、おそらく保険会社の最初の提示額は数十万円
だったと思われますので、わたしと同じ位の総損害額になったと終れます。


後遺障害の申請法すら知らなかったこの方が、もしわたしを出会うことがなければどんな示談を
したのでしょう。


後遺障害が認定された後、無料のあっ旋を利用し「地方裁判所支払基準」で解決出来ることを
知らなかったら、どんな金額で示談をしたのでしょう。


おそらく、正当な金額も分からないまま保険会社の提示するほんの僅かな賠償金で示談を
していたに違い御座いません。


もう1度いいますが、被害者の最大の武器は「正当な賠償金を受取るための知識」です。





件名 : Re: 草野 様
差出人(From) : xxxxxxxxxx@gmail.com
送信先(To) : question@intelli.sakura.ne.jp
送信日時 : 2009/12/10 09:07:24


赤川先生

おはよう御座います。

添付の被害者からの請求額全てを保険会社が承諾し,14級の既存払い
750000円以外に約487万円で示談しました.

承諾書を送付しただけで金額はまだ受け取っていませんが合計の
受け取り金額は自費を差し引いて約555万円です。

請求1回目で全額回答にはビックリしています。

何か裏があるのかと思うくらいです。

まさか日弁連東京支部交通事故損害額算定基準入通院慰謝料別表気
認められるとは思っていませんでした。

事故(2008.04)〜治療(2009.06)〜後遺障害等級申請(2009.07)〜14級の
認定(2009.08)〜示談(2009.11)被害者請求から始まり、異議申し立ても
紛争センターも利用せずに地裁基準(入通院慰謝料別表1、慰謝料、110万、
逸失利益5年5%)を全額認められました。

この間約5ヶ月です。

事故当初はこんな事になるとは思いもせず、直ぐに良くなると思っていました。

事故後1ヶ月くらいは痛みが酷くどうなる事かと悩んだ挙句に
「ザ・慰謝料完全版」を購入し、その後痺れが一向によくならないことから
「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」を購入しました。

赤川先生と出会えた事で軽微な障害を残したものの、最大の補償額を得る
ことができました。

マニュアルの内容が一般の被害者が知ると知らないとでは天地の差です。

またメールでのアドバイス等感謝しきません.損害補償に関し、
知識のあるなしでこのような不合理がある仕組みはあってはならない
ことだと思います。

何も知らず、辛い思いをしながら低額で示談する被害者が不条理で
なりません。

これからもむちうち被害者のためにがんばって下さい。

本当に長い間有難う御座いました。

草野


------------------------------------------------------------

件名 : ご無沙汰しております 田口です
差出人(From) : xxxxx-xxxxxxxxx@silk.plala.or.jp
送信先(To) : question@intelli.sakura.ne.jp
送信日時 : 2009/10/20 17:12:22


こんにちは田口です

昨日、二度目の紛センに行って示談してまいりました。


結果は端数のみ切捨ての5年5%でのほぼ満額を
勝ち取ることができました。


これも、赤川様の的確で分かり易いアドバイスがあって実現できた
結果であり本当に心から感謝しております。


事故以来、様々な壁に戸惑い、ストレスを抱え、時間を費やして
来ましたが、それが報われた形となり、やっと本当の意味で新しい
スタートを切ることが出来そうです。


最後までメールでのサポートをいただき、誠に有難う御座いました。
常に、「わたしはひとりでは無いのだ」と、とても心強く感じました。


示談後に、相手方の担当者が「つかぬことをお聞きしますが、
今まで提出された書類は全部自分で作られたのですか?」と
質問してきました。


「はい」と答えると


「凄い知識をお持ちですね」とかなりびっくりされていました。


少なくとも、今まで担当した中にはいなかったとのことです。


保険担当者にここまで言わせる程、赤川様のマニュアルは
素晴らしいものだったのだと改めて感じました。


とても一人では、このような結果を得ることは不可能でした。


同じように事故に遭われ、苦しんでおられる方々が少しでも早く
このマニュアルと出会い、納得のいく解決を迎えられるよう願うばかりです。


これから寒くなります。

お体ご自愛下さい。           

田口


交通事故後遺症14級で850万円損しない請求法

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」



------------------------------------------------------------

件名 : Re: 交通事故紛争処理手続きの件
差出人(From) : xxxxxxx@yahoo.co.jp
送信先(To) : question@intelli.sakura.ne.jp
送信日時 : 2009/12/08 11:56:21


今日は、何時もお世話様になり有難う御座います。


第1回目の相談日に必要書類1式提出し、当方の主張する事を
文章に纏めあげ丁寧に説明致しました。


第2回目の相談日には当方の主張に対し、保険会社の提示が有りましたが、
当方の主張する所と大きな隔たりが有り、何度か粘り強く交渉を重ねた
結果、通院慰謝料、逸失利益、後遺傷害慰謝料とも地裁基準による満額を
得ることができました。


書類等漏れなく丁寧に作成し、主張する所を簡潔に要旨を述べたせいか、
相談者から殆んど質問もなくスムーズに事が進行し2回目の相談で決着
致しました。


14級を認定されたのは赤川先生との出会い(マニュアル)が有り、解からない
事が有れば適切なアドバイスをいただきながらがんばって来れたのも、今日の
結果が得られたのも全て赤川先生のお陰と大変感謝申し上げております。


無知が故、もしこの出会いが無かったらどうなっていたかと思うと空恐ろしく
なります。


長い戦いでしたが、今は事を成し得た満足感で一杯です。

本当に有難う御座いました。


 T.F


>>更に詳しい内容はこちらから























Home |  Category:究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル |  Comment  |  Trackback
Home   Top
 
最近のエントリー
カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル

ニックネーム:究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル
自己紹介:DTIブログにようこそ!

検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

人気記事ランキング

第1位
最も人気のある記事
交通事故後遺症14級で850万円損しない請求法 ...(→続き)